二人の結婚式でロゴ作成!ウェディングロゴのメリットやデザイン案について

ロゴ10

企業や製品に対するイメージを定着させるためにかかせないロゴ。このロゴ作成ですが、結婚式をより印象深いものにさせるために使用されることもあります。「ロゴ作成なんて素人には無理」と感じますが、実はPCやスマホを使い、ロゴテンプレート素材などを活用して誰でも簡単に作ることができるのです。

今回は、結婚式でロゴを制作するメリットや、デザインの案などについて紹介しましょう。

結婚式で使われるウエディングロゴとは

結婚式は二人の愛を誓いあい、そして家族や友人に祝ってもらう特別なイベント。そんな特別な日を引き立ててくれるのが、ウエディングロゴです。ウエディングロゴとは、結婚式のコンセプトや、2人の関係を表したマークのことです。

基本的にロゴは招待状などのペーパーアイテムに印字して使われますが、使い方は自由です。会場の装飾として使ったり、ウエディングケーキにプリントしたり、結婚式の始まりに流すオープニングムービーに活用したりなど、利用方法は全てあなた次第となります。

元々は海外のウエディングでロゴが使われていましたが、近年では日本でもジワジワと人気をのばし、おしゃれで特別なロゴを作る花嫁が増えてきているようです。

結婚式でロゴ制作するメリット

おしゃれ感度の高い花嫁さんたちの間でひそかにブームになっているウェディングロゴですが、もちろん使わなくても結婚式は問題なく行うことができます。ただ、結婚式にロゴを活用することには、様々なメリットというのがあります。

ウエディングロゴに興味がある人に向けて、どういった活用方法があるのかや、制作するメリットなどを紹介していきましょう。

世界に1つだけのオリジナルの結婚式にできる

ロゴ11

ウェディングロゴを式場のいたる所に活用することにより、他とは被らない結婚式をつくり上げることができます。ロゴを引き出物や会場の装飾として利用すれば、特別な雰囲気を演出することができます。ゲストの目にも触れる所にロゴを配置することにより、訪れた人たちにとっても忘れられない思い出として記憶に残るようになるでしょう。

新郎新婦に関係したオリジナルのロゴを制作し、上手に活用することで世界に一つだけしかないウェディングを実現させることができます。


愛を深めることができる

結婚式は新郎と新婦の2人が主役となるわけなので、ロゴも2人に関係したモチーフをあしらったものを制作することになるでしょう。納得のいくロゴを作成するためには、しっかりと話し合い、「あんなこともあったね」と色々なことを思い出しながら案を出していきます。

モチーフを何にするかと考えることで、相手のことをより深く知るきっかけになりますし、親密度もより一層高まります。ウエディングロゴがあれば愛が深まるだけでなく、2人でロゴを作り上げた経験は良い思い出としてずっと心の中に残るものになるでしょう。

結婚式の思い出を形として残すことができる

貴重な経験は、できればずっと形としても残しておきたいもの。ウェディングロゴは、引き出物に印刷することで、世界に一つだけのアイテムを作ることができます。食器やタオルなどにウエディングロゴを印刷して配れば、忘れられない素敵なプレゼントになるでしょう。

他にも、結婚式の様子をおさめたフォトアルバムの表紙にロゴを印刷したり、制作したロゴでオリジナルのTシャツを作ったりなど、楽しみ方は無限大です。ロゴをデザインし、色々なアイテムに印刷することで、結婚式の思い出を形として未来に残すことができます。

ロゴ制作に役立つデザインのアイデア

一口に結婚式のロゴと言っても、そのバリエーションは実に様々。

そのため、どんなデザインのものを作ったらいいか迷ってしまう人も多いようです。ウエディングロゴと呼ばれるだけあって、マークは主役の2人にちなんだものをデザインすることが大切になります。

ここからは、ロゴ作成に役立つデザインのアイデアをいくつか紹介しましょう。

関連記事:ロゴ作成の手順とロゴ作成における大切なこと

2人が共通して好きなものをモチーフにデザインする

ロゴは、自分の趣味など、好きなものをデザインすることで思い入れのある特別なマークが完成します。しかし、結婚式は2人でするものなので、自分だけでなくお互いが好きだと思えるものをデザインすることが大切です。

お互いに音楽が好きならば音符、野球やサッカーが好きならばバットやサッカーボールをモチーフにするのもいいでしょう。同じ趣味だったことがきっかけで付き合ったならば、ぜひその趣味をモチーフにしたロゴを制作してみてはいかがでしょうか。

他にも、デザインは好きなペットや食べ物など、基本的に自分たちが本気でお気に入りのものならば何でもいいです。

2人が思い入れのある場所をモチーフにデザインする

出会えたことをいつまでも大切にできるよう、初めて会った場所などをモチーフにしてロゴを作るのもおすすめです。例えば、学校で出会ったならば教科書や机、黒板などをモチーフにすると、素敵なロゴが制作できそうです。

海で出会ったならば、波や海岸、ビーチボール、森で出会ったならば、木や花、森に住む生きものなどを参考にデザインするのはいかがでしょうか。ロゴ作成をするならば、色の使い方に工夫をこらすようにしましょう。森をイメージするならばグリーン、海をイメージするならばブルーなどをベースカラーにすることで、しっくりくるデザインになります。

また、結婚式のテーマカラーを決め、それにロゴの色を合わせるのもおすすめです。可愛い結婚式にしたいならピンク、元気に明るい結婚式にしたいなら黄色など。ロゴの色をテーマカラーに合わせることで、統一感のあるおしゃれな結婚式を演出することができます。

関連記事:ロゴ作成の勉強をするなら学校を利用するのがおすすめ

2人の愛が伝わるデザイン

ロゴ14

主役の2人の仲が良いほど、ゲストもほっこりするような素敵な結婚式になります。

そのため、ロゴは2人の愛が伝わるデザインにするとゲストも「愛し合っているんだな」と感じることができます。デザインを男女のシェルエットが手をつないでいるようにしたり、今にもキスしそうな雰囲気の二人のカットにしたりすれば、愛が伝わるロゴマークになるでしょう。

その他にも、2人のイニシャルだったり、出会った日付だったり、英語で「私はあなたとずっと一緒にいたい」とロゴに入れたりすると、周りに愛がたっぷり伝わります。

結婚式のクオリティーをあげてくれるロゴ作成

ウェディングロゴを作成すれば、会場の装飾、ブライダルのペーパーアイテムや引き出物など、様々なシーンで大活躍します。ロゴ作成は自分たちの記念になるだけでなく、周りの人たちを楽しませることができる特別な結婚式をあげることにも繋がります。

2人の結婚式をより感慨深いものにしたいならば、ぜひウェディングロゴを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事:ロゴ作成にかかる費用は経費にすることが可能